FC2ブログ
安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
まだまだ、だけど、少しずつ・・・
こんにちは、芍薬堂です。


4月のチョコレート嚢胞の手術から3か月。
もう3カ月もたったのに、皆さまからご心配いただいて
なんだか本当にありがとうございます。


おかげさまで、持続体力というのは戻ってきて
途中で息切れしてしゃべれない、なんていうことは
なくなりました。


それ以外でしんどかったのが

更年期様症状


いわゆる
疲れやすい、イライラする、くよくよする、不安感、ゆううつ感
意欲がわかない、やる気が出ない、息切れ、不眠


などなど

主治医からは、手術後に更年期様症状が出る人は少ない
と聞いていたので、
最初はただの体力低下から来るものだと思っていたのですが



冷静に考えてみると・・・


これって

やっぱり

更年期様症状

だよね・・・?
と。


こういう状態のときに
冷静に考えられちゃうところって
理系だからなのか(一応)
単なる私の性格から来てることなのか
よく分からないですが(笑)


手術後から私の身に起こっていたことを推測すると・・・



手術⇒右卵巣切除⇒エストロゲン一時的に減

再発防止のための服薬(ジエノゲスト)⇒エストロゲン減 

やせてる⇒エストロゲン少ない



更年期様症状というのは、エストロゲンが減ることで起こります。


なんと、やせているとエストロゲンの量が少ないんだとか。
脂肪細胞がエストロゲンの産生に関わっているとかで。

これは私の場合、もともとそうだったということになりますが
この緊急事態に、始動できるエストロゲンが少なかったと
いうことなんですね。



実に面白い・・・。



それに加え


再発防止のための服薬⇒プロゲステロン(黄体ホルモン)作用
 ⇒トリプトファンオキシゲナーゼ 減
 ⇒トリプトファンからセロトニンの産生 減
 ⇒うつ状態



ちょっと専門的ですが

セロトニンというのは、皆さんもお聞きになったことがあるかな?
と思いますが
感情を安定させるのに必要なホルモンの一つです。

それが作られづらい状態だった。



これも絶対的な原因がどうかはわかりませんが


考えられる、確率の高い原因です。



なんか、おそらくの原因がわかってしまったら
症状が軽くなった気がします(笑)
あはは、なんでだろう?!(笑)



もし、似た経験をされている方のお力になれたら
うれしいです。


それではまた~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG