安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
ミラクルなこと
こんにちは、芍薬堂です。

10/3(土)4(日)の研修に行った話。記事はこちら⇒勉強してきました

漢方ではなく、不妊治療についての研修。

果たしてお休みをいただいてまで行くものなのか?とギリギリまで

自問自答していました。

だけど、どう自分に聞いてみても「行きたい、勉強したい」という答え。

つまらなかったら2回目以降は受講しなければいいか、

そういう結論に達して、今回飛び込んでみたわけです。

そう、上間春江先生によると、自分の制限を超える取り組みのことを、『ダイブ!』と呼ぶのだそう!

それによってどんどん可能性が広がっていくのだとか。


それで、ダイブ!したことで何が起きたかというと・・・

少し前の話しになりますが、ちょうど去年の今頃、このようなコラボをさせていただきました。

季節を知らせる花展

この本の挿絵を担当したのが、木版画作家の沙羅さん。

芍薬堂に足を運んでいただいたのがご縁で、このようなご依頼をいただきました!

ところがそのときは残念ながら足を運ぶことができなかったのです・・。シュン・・。


そして先月、沙羅さんから作品展のDMをいただきました。

小さな庭

9/17(木)~10/8(木)

なんと!研修の日と重なるではないか!!

ということで、研修が終わった後、ルンルンしながら展示会が行われているBooks and Modernさんへ。

沙羅さんの木版画の色使い、とても好きなんです。

なんか心がほっとするような。

やわらかい、やさしい気持ちになれる、そんな作品たちでした。

また、Books and Modernのオーナーさんがとても素敵な方で

お店に対する思いだとか姿勢だとか、少しお話しさせてもらったのですが

とてもいい刺激を受けました。

今後、松本にもイベントでお越しになるとか!

ワオ、何でしょう!このつながりは・・!

そんなことで盛り上がっているときに、一緒にお店に居合わせたUさん。

私も長野県出身なんですよ~なんておっしゃるので、詳しくお聞きしてみたら

な、な、なんと~~!安曇野にご実家があるとのこと!!

す、すごいですよ、皆さん。

これもダイブしたからなのでしょうか?!

DSC01138_201510081439036db.jpg
ポストカードと、沙羅さんが挿絵を担当した本


今回、思い切って自分の心の声を聴いて行動してみたことで

なんだかね、詰まっていたものがとれて、すーっと流れるようになった

(あまりにも抽象的すぎる表現ですが)

そんな気がします。

あれから心地よく毎日を過ごしています。


さて次回は。

『驚くほどのスピードで体調が改善した』、という体験談をいただきましたので

そのことについて書いてみようと思います。


それではまた~~!


番外編~~~
私ね、台湾でもフランスでも、電車の乗り降りは一回も間違えたことなかったんです。

もちろん下調べしたからっていうのはありますが。

それなのに今回、東京メトロでは・・・

方向を間違えるは、駅の名前を間違えて別の路線に乗るは・・・で

笑っちゃうくらいきょろきょろしてました(笑)

虎の門と霞が関を間違えるってどうしたものでしょうかね(笑)

ますます東京へ行くのに自信がなくなりました(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG