安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
秋の気配
311298_166566876757941_100002138901204_323989_1259053221_n.jpg

今日の芍薬堂は秋風が心地よいです。

これは昨日の写真ですが、木陰ってなんて気持ちが良いんでしょう!

思わず外で仕事してしまいました。


芍薬堂を始めて10ヶ月+α。

「私も薬剤師なんです」というお客さまが多くいらっしゃるんです。

「素敵ですね」なんていわれると、うれしい!

そして皆さんがおっしゃられるのは、「漢方を勉強したい」ということです。


思うことは、一緒なんですよね。

西洋医学的治療でうまくいくなら、それに越したことないと思います。

ですが、なかなかそれだけではたりないケースもあるということ・・・

患者さんに元気になってもらいたい、

漢方薬ならもしかしたら良いのでは?という、自然な流れなのだと思います。


薬剤師って、一番最初に悩みを相談できる存在だと思います。

「こういうときってどうしたらいいんだろう?」という悩みに

その方にとってベストな道筋をつけてあげられるかどうかという、重要な役割をも

担っていると思います。

だから薬剤師って、薬の知識だけじゃなくて、代替医療などのことも

知っておく必要があるのではないかと思っています。


例えば、腰が痛いという方がいたとします。

痛みと言うのは大きなストレスですから、まず西洋薬で痛みをとる(医師)、

それでもなかなかとれないなら、漢方薬を試してみよう(薬剤師)、

鍼や灸も治療として取り入れてみよう(鍼灸師)、

もしかしたら骨格がずれているかもしれない(整体師)

ストレスがあるなら、アロマトリートメントも良いかもしれない(マッサージ師など)

腰痛を解決する答えは、一つではないのですね。



以前も書きましたが・・

西洋医学と東洋医学のいいところを利用しあえばいいのだと思います。

その道のプロにお願いすれば必ずやいい結果が出てくると思います。

注意することは、一つの道で迷ってしまったら、他の道にも行ってみる

ということですね。


漢方のことは勉強すればするほど、奥が深いです。

私もまだまだいっぱ~~い知らないことがあります。

先人の知恵、自然の力

私も頑張って勉強を続けます。


それではまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG