安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
お酒の話
酒は百薬の長

たばこは、百害あって一利なし

私はお酒を飲むことは禁止していませんし

自分では飲むのも好きです。

漢方のご相談で、「お酒はやめるべきですよね?」

と質問を受けることがあります。

その質問の答えは

「飲みすぎなければ、飲んでも良いです」

適量は、ビールは350mL缶1本、日本酒は1合、ワインはグラス1杯

程度でしょう。ちゃんぽんしてはいけません。

ビールと決めたなら、その日は350mL缶1本のみ。

そして冷たくして飲まないほうが、体のためです。

ぬるいビールなんてありえないとお思いでしょう。

(ぬるいワインなんて、川島なお美さんに怒られそう・・・)

でも、意外といけます。

ビールはぬるいくらいがちょうどいい(どっかで聞いたことある・・?!)

大体どのメーカーでも、ビールならおいしくいただけます。

第3のビールはそれぞれですかね。

結構いろいろ試しました^^;


ビールの本場、ドイツでビールを飲んだとき、おしゃれなカフェみたいなところを除いて

常温か?と思うくらいのぬるさでした。

だから、胃に負担がなかったのかなと思います。

あ、私が行ったのは真冬でした。

寒くてもおいしく飲めるビールでしたね。

ビールと言えば、ベルギーもいいですよね。

修道院ビールを飲みに行きたいです。


話がそれましたが・・・


冷たい飲み物でおなかの調子が悪くなってしまったら・・・!

良い漢方薬があります。

その名も「腹寒散®」

これも幅広く使われる漢方薬ですが、

冷えてしまったおなかの痛みに効きます。

だから、この時期冷たいものを食べ過ぎての腹痛・下痢や

冷え症と生理痛がある方、大きな症状はないけどおなかを触ると冷たい・・・

などに使えます。

もしそのようなことでお悩みの方は、ご相談ください。

それではまた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG