安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
おいしいものたくさん
暑くなればなるほど落ちるのが食欲・・・。

食べられなくなると、どんどん体力が落ちてしまいます。

この時期をどうやって過ごすと良いのか?

簡単なことですが、やってみると体が軽くなりますよ。

まずは、旬のものを食べること。栄養が満点!

そしてそれを温かい状態で食べること。

胃に冷たいものが入ると、それを消化させるために

エネルギー(熱)を消耗します。

もしそのエネルギーが限られていれば、消化がきちんとできず・・・

翌日の胃もたれなどにつながります。

それは冷たい飲み物もしかり。

アイスの食べすぎもしかり。

体の熱を冷ますには、冷やす性質のあるものを常温以上で。

暑い時期に旬のものや暑い地域の食べ物は体の熱を冷ましてくれます。

沖縄のゴーヤーとかね。

先日はこんなものを作りました。

DVC00216.jpg
グリーンカレー(たまねぎ、しいたけ、えりんぎ、おくら、とまと・・・だったかな?)

もちろんビールは常温で!

ココナツミルクが入るのですが、これが熱を冷ましてくれるんですって。

これは、アーユルヴェーダ料理教室で習いました!

それまでグリーンカレーって食べられなかったのですが

こんなにおいしいもの、そして体が喜ぶ食べ物ってあるんだ、ということを

学びました。

この料理教室、不定期に開催されているようですので、ご興味のある方はぜひ。

私はこの料理教室を主宰されているミヤモトタミコさんにアーユルヴェーダを習ったんですよ^^
Kitchen Pharmacy - Cooking Yoga   〜タミちゃんの料理教室〜



そして休日は雑貨担当のウツミエマさんと、芍薬堂の近くにある七ヶ月さんでランチ。

七ヶ月さん、と~~ってもおしゃれなカフェです。

そしてこちらでも体が喜ぶごはんをいただきました。


DSC052912.jpg
雑貨をどんな風にしていくか、などまじめな話もしつつ

猫の話で盛り上がってしまう二人。

エマさんとは歳が一緒なんですよ。

売れっ子作家さんなのに、お近づきになれてうれしいです。

ウツミエマさんのHPはコチラ

DVC00218.jpg
体が喜ぶスイーツも!


DVC00217.jpg
コーヒーはすきです。

でもコーヒーは飲みすぎてはいけません。

1日3杯以上飲む方は要注意です。

というのは、体の中に余分な熱を残してしまうと言われているのです。

漢方の言葉で「湿熱」といいます。

この湿熱、厄介なんです。なかなか出て行ってくれないんです。

太る原因の一つ。

ほかにも、脂っこい食事、味の濃い食事、アルコールの取りすぎ

などで湿熱はたまります。

たまにはいいんですよ。

とりすぎると、よくないんです。

特に梅雨はもともと「湿」がたまりやすいので注意です。




きょうは健康情報も織り交ぜながら書いてみました。

良い休日をお過ごしください~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG