安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
コンポストトイレ
芍薬堂のトイレはコンポストトイレです。

なぜコンポストトイレにしたのかは、過去の記事をご覧ください。

コチラ

震災でトイレに困っているという話を所々で聞きます。

参考になればと、うちの使用状況を載せます。

コンポストトイレの良いところは、水のないところでも

使えるということです。

ちなみに私が購入したところは庭仕事ひろばさん

うちで使っているタイプは、電気を使うタイプですが

電気を使わなくても良いものもあります。


DVC00141.jpg
正面から見た図

ふたを開けると、大きなドラムが入っていて、その中に土が入っています。

使いはじめに、好気性微生物をいれ、そのあと普通に使用しているだけです。

一日1回、腐葉土を足し、ドラムを何回転かさせて(手動です)

ある程度中の土の量が増えてきたら、ドラムを逆回転させ、下の引き出しに落とします。

DVC00140.jpg
こんな感じ。

有機物は好気性微生物によって分解されます。

先日、堆肥分解の済んだ土を取り出しました。

写真がないのですが、『土』でした。

臭いももちろんありません。

トイレットペーパーかな?と思うような白い点のようなものが

ほんの少しあるだけで、完全に分解されていました。

トイレットペーパーは分解に時間がかかるので、

もしすばやく堆肥分解させるなら、トイレットペーパーは

別に捨てる(燃えるごみ)と良いと思います。


水洗で流したほうが、臭いがなさそうですが

コンポストトイレは本当ににおいません。

使用後すぐ、でもです。

被災地にあれば、本当に便利だと思います。


一つ、あるとすれば、本体の値段がそれなりにすることです。

たしか25万円くらいだったと思います。


ですが、ランニングコストは腐葉土の金額だけですし

水が使えないときでも使えるというのが、便利なところです。

(そう・・・今年の寒さで、芍薬堂の水道は何度も凍ってしまいましたが

コンポストトイレだったのでそういう心配はありませんでした。)


手作りでコンポストトイレを作っている方もいます。

避難所になりうるところには、一つあると良いかもしれませんね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG