安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
妊娠への身体づくりは一朝一夕では成し得ない
こんにちは、芍薬堂です。

先日は研修のためお休みをいただきありがとうございました。
このたびも学んで参りました。

今回も引き続き、邱紅梅先生の不妊漢方の講座でした。
具体的な対応策も惜しみなく教えてもらいました。

今回受けてみて私の中に残ったことは
やはり妊娠へ向けての身体づくりは、一朝一夕で
変わるものではないということです。

邱先生いわく
カウンセリングで状況はひどくなさそうに見えても
実際なかなかすんなりといかないこともあるんですよ、と。

特に胞宮瘀阻(ほうきゅうおそ)という、子宮周りのめぐりの悪さは
1年、2年かかることが多いとのことで。
もちろん、程度によってはもっとかかることも十分ありえます。

特に長野県は他県に比べて寒いので、ここを改善していくには
時間をかけてやっていくべきなのでしょうね。


そんな中、先日
妊娠しましたのご報告を2件いただきました‼️
お一人は少し前にご報告いただいて。
もうお一人は実はもう6ヶ月です、とのことでした。


急に来なくなって、どうしたのかなー
って思っているとご連絡があったりするもので
こういうときはうれしさが倍増します。



漢方薬は妊娠への身体づくりとして良い方法だと思います。
ただ以前と変わったことは
絶対漢方薬を飲んだ方がいいよ、と
強く言わなくなったことでしょうか。


ある有名な不妊専門クリニックは

"成功率が40%程度(そのクリニックの妊娠率)という低い数字の治療なんて
強制するものではないから
体外受精をやるやらないも、またその後の治療方針も
事前に説明会で説明するから、自分たちで選んで下さい"

という方針をとっていると聞きました。


それを聞いてから、私からこの方法をとった方が良いですよって
いう言い方をやめたんです。
それぞれの方法、メリットデメリットを話し
その上で皆さんに選んでいただくようにしました。

こうすることで、自分の身体にも目が向くようになるというか
自分を大事にできるようになる気がするのですね。
私がある意味、方法を押し付けてしまうと
思考が停止してしまうのかな。
このようなスタンスになってからは
とにかくどうでも良いから、よく効くのを出して!
みたいなことが減ったように思います。



妊娠ご希望の方で
漢方薬を始めてみたいけどどうしようと
悩んでいらっしゃったら、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム


それではまた😸


スポンサーサイト
© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG