安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
卵子は質が大事です
こんにちは、芍薬堂です。

あのー、今巷で話題になっている、ある旅行会社の件

倒産してしまったせいで、今後催行される予定のツアーに参加出来なくなった人がごまんといますが



私もそのうちの1人です‼︎
(同情して〜〜〜〜💦ついでに💰くれたら嬉しいです)


もう立ち直りましたがね。

世の中何が起こるか分かりません。ほんとまじで(笑)






さてさて。
先日の日曜日は研修でお休みをいただきありがとうございました。

しっかり学んで参りました。

これまでの方法ではなかなか上手くいかない場合に

きちんと対応できるように、先月から漢方薬的不妊治療を勉強しています。


その話の中から。

妊娠したい人は、質の良い卵子が必要になります。

35歳を過ぎると、だんだんこの質が落ちてきます。(卵子の老化といいます)

40歳を過ぎるとさらに、です。



たしかに質の良い卵子は減ってはきますが、だからといって全くなくなるわけではありません。

数は少なくても、とにかく質の良いものを育てる、ということが

年齢が高くなって来られた方には重要になってきます。



20170330172108a14.jpg

で、この図

卵巣にはこの原始卵胞がたくさん眠っているのですが

それが成熟し、実際に排卵されるまで約半年かかります。

(しかも、1個の卵胞が育って1個だけ排卵する訳ではなく
たくさんの卵胞が、いわば立候補し、1個だけが当選(排卵)するのです。
落選してしまった卵胞は次の月経で再び立候補することはなく、
ただ消えてしまうのです。)


つまり
質の良い卵子を育てるためには最低でも半年は必要になる

3ヶ月とかの短いスパンで結果を求めるものではないということですね。

しかも、これは卵子の話。

その卵子が受精して、受精卵が着床する子宮内膜の環境を整えることも大事です。

しっかりと時間をかける必要がありますね。



飲み忘れないように続けていきましょう❗️



それではまた☺


スポンサーサイト
© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG