安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
魔女のカレースパイスの使い方
発売以来、爆発的に売れている(芍薬堂的にね)

魔女のカレースパイス。

その記事は→こちら

作ってみたよ、というお話を聞き、とてもうれしく思います!

その中で、何人かの方から

「苦かったです・・・」

というお言葉をいただきました。


ということで、魔女のカレースパイスおいしくいただくための

ちょっとしたコツをお教えしたいと思います!


魔女のカレースパイスは、一からスパイスを挽きます。

(粉になっているものも一部使います)

スパイス以外に混ざり物は何もないので、さらっさらです。

よくカレースパイスに使われる、「ターメリック=ウコン」

ウコンの粉末を飲んだことがある方はお分かりだと思いますが、

とっても苦い!です。


ですので、そのまま、今までのカレールーのように、大量に入れると

苦いカレーができてしまいます。

4人分でも、大さじ1~2杯程度で良いです。

また、ウコン=ターメリックは、火にかけることで、苦味が落ち着きます。

本格的なカレーの作り方を調べると

野菜を炒めるときに、カレースパイスを一緒に炒めると書いてあります。


私が作った感じでは、玉ねぎをさっと炒めた後に、カレースパイスを入れて

3分くらい焦がさないように炒めたら、おいしくなりました。

油(バターだと尚おいしい)も多めのほうが良い気がしまっす。


また、甘いトマト、仕上げにココナッツミルク、豆乳などを入れると

さらにまろやかになります。

私はあえて、きび糖を入れました。(とあるレシピに書いてあったので)

今までお使いのカレールーと併用するのもGood!(少量で良いです)


昨日は、魔女のカレースパイスでトマトたっぷり豆カレーを作ろうと思ったのですが

なんと、スパイスがたった小さじ1+ちょっとしか残っておらず

仕方なく、チリコンカンとして、食べました。

これが・・・また・・・とっても・・・おいしかった!!!
のです。



料理の腕に自信はまったくありませんが、今回のこの料理は上手にできました。


さてさて、

私のフェイスブックをご覧になった方はご存知だと思いますが

azumino commune tirol~あづみのコミューンチロルさんにて

魔女のカレースパイスを使った「チロルの魔女カレー」

を頂くことができます!(品切れなどもあるそうなので、要確認!)

ジャーン!!
チロルカレー

上にのっている野菜は季節によって変わるそうですよ!


チロルさんは、食べ物だけでなく、

安曇野の文化を発信する場でもあります。

ここに行くと、おもしろい人、おもしろいものに出会えることでしょう!


azumino commune tirol~あづみのコミューンチロル
〒399-3201安曇野市豊科南穂高5089-1
http://azumino-tirol.com


それではまた~!

スポンサーサイト
© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG