安曇野にある漢方・ハーブ・アロマのお店
page top
もしや四十肩・・・?
こんにちは、芍薬堂です。

facebookやInstagramをご覧になってくださっている方は
ご存知だと思いますが、
先月からウォーキングを始めました。


その3日坊主のわたくしがですよ、なんとウォーキングを始めて
16日も経ちました!!!パチパチ!!


ほんと、自分でもびっくりしております。

朝のウォーキングはとても気持ちが良いですね。
そのおかげで続いているのかもしれません。


それで、今朝もウォーキングに出かけようと
支度をしていたらですね
腕が急に痛くなったんですよ。
筋を違えた感じ・・・。

いつもならすぐおさまるのに
今日はなかなかおさまらない。

ウォーキング中もその痛みが気になってしょうがない・・・。

出勤してきてからは、痛みが増しているような気がする・・・。


これはまずいと

漢方を飲みました。

朝9時ごろ。

飲んで少しすると
おや?少し良い気がする!!





ところが、ほどなくしてまた痛みが・・・。


これが世に言う四十肩か・・・。

とうなだれながら・・・・



お昼頃
最初に飲んだものよりも強力バージョンで飲みました。






そしたらですね

なんと

なんともなくなりました!!
(=治りました)




漢方薬のこと、信じていたけど

こんなに効いてくれるなんて。うれし♡



四十肩かそうでなかったかは
わかりませんが

とにかく、痛かった場所が
素早い対応のおかげで
治ったということでございます。



どんな症状でもそうなのですが
こじらしてから対応するよりも
早い段階で対応したほうが
当たり前ですけど、回復が早いに決まっています。


放っておけば治るのでは・・・・
という期待を持つのも大事ですが
放っておいたがために、
西洋医学でも重症と診断されてしまうような
状態になってしまうと
漢方薬だけでは、なかなか難しくなってしまいます。



自分の小さな変化に気づくこと
我慢しないこと




ほんと当たり前のことだけど
大事だなって思います。



ちなみにですが、
長期にわたった四十肩や五十肩も漢方薬で対応できます。
ちょっと時間はかかると思いますが。


それではまた!



スポンサーサイト
page top
医師と患者の距離
こんにちは、芍薬堂です。

今日は、入院中に考えてたことを書こうと思います。



病院で患者として入院して感じたことと、
日頃の漢方相談でよく話題になることなのですが



ときに患者の思いと医師(をはじめとする医療者)の思いには
距離がある



ということ。


あ、もしお読みになっている皆さまの中に
医師がいらしたら、決して責めているわけではありません!


患者の思いとして
西洋医学の治療に抵抗を感じて
病院へ行かずに、漢方を使いたい

西洋医学の代わりに、漢方が全てをまかなってくれる
(と思ってる人もいます)


で、医師は
西洋医学がメイン。
(漢方薬を出される先生も増えてますが。)



で、私なんですが、何度も言ってますが
もともと西洋医学が得意な分野は
西洋医学にお任せして
漢方が得意な分野は漢方で対応して

というのが理想だと思っています。




もし西洋医学的に治療が必要な場合、
病気の状態や、年齢や、置かれてる状況によって
ケースバイケースだし、
完全にここから、っていうのは難しいんだけど


この一線を越えたら、それは西洋医学でしょ?

という、「生きた」情報があったら
患者としては納得して進めるのかな、と。




その「生きた」情報をどこから手に入れるのか
それがものすごく大事。


ネットの情報は、どう見るかがとても大事。
自分の目が偏っていると(西洋医学ヤダ!とか)
入ってくる情報が偏るんですね。

はい、私ももれなく経験あります(笑)


「生きた」情報を提供し
医師と患者の思いの隙間を埋めること


それって芍薬堂の役割の一つかな、って。



入院中、病室の中に吹き込んでくる風を
感じながら
そんなことを考えてました。

都会の風もなかなか心地よかったですよ〜!



それではまた。



+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

【新 漢方相談メニュー】

妊娠希望の方のためのサポートカウンセリング

〜これから不妊治療を考えているけど、いきなり病院に行くのは不安   
・実際の不妊治療についての話を聞きたい
・漢方も飲んでみたいけど、本当に良いの?
・不妊治療を始めたけれど、精神的にきつい
・不妊治療をしていることを誰にも話せなくて孤独〜

詳しくは
http://shakuyakudo.blog130.fc2.com/blog-entry-760.html
page top
働き方改革、その後
こんにちは、芍薬堂です。

先日、いきなり働き方改革を発表してから
(→働き方改革いたします
皆さんはどう思っているかな?とちょっと心配していたのですが

なんと

「働き方改革、いいと思います!」

「空いている時間を言ってもらえれば全く問題ないです!」

「土屋さんが倒れたらそっちのほうが困る」



とか、涙が出そうなお声をたくさんいただきました。


この時間は空いてるって書いてあったから来たよ!
と、予定を先に決めてくださる方がほんと多くて
とってもとってもありがたいです(T_T)


芍薬堂のお客さまってなんて素敵なんだろう!
とまたまたうるうる涙が・・・(T_T)




さらにありがたかったのは
更新が途絶えがちのこの芍薬堂ブログを、
皆さんが毎日チェックしてくださっていたことです。


入院の時もそうですし
復帰後の時も
この働き方改革を決めたときも


皆さんが読んでくださって
そして寄り添ってくれていたのです。

たっくさんメッセージもいただいたり
お菓子や野菜などもたっくさん差し入れやお祝いとして
いただきました。


ほんとね、世の中の経営者の皆さんに聞きたい。
あなたにはこんな素晴らしいお客様がいますかって。


そんな皆さんがいてくれる私は幸せすぎます。本当に。


まだまだ至らぬ点も多いと思います。
また、ズバズバ言い過ぎるところは変わらないかもしれません。

そんなわたくしでございますが。

もしよろしければ、これからもどうぞよろしくお願いします!



page top
芍薬堂の立ち位置
こんにちは、芍薬堂です。

入院から療養後までいろいろブログに書きたいと思っていたことを
少しずつアップしていこうと思います。


人生初の入院。

4/6に予定されていた手術も無事終わり、術後の経過も順調で
予定通り7日間で退院となったわけですが


帰り道・・・電車で帰らなくてはいけなかったのですが
駅の改札の前で、生まれたての子鹿のように足がプルプル
してしまったんです・・・。
そしてまた、駅の電光掲示板がチカチカして、目が回りそう。


これから電車にのって家までたどり着けるんだろうか。


そんな不安がよぎりました。

なんだかすごく心細かったのを覚えています。




その時に強くこう感じました。

『病院ではそれはそれは手厚い西洋医学的なサポートを受けられる。

けれど、一旦そこを出たら、患者はとても不安になる』




え?こんな子鹿ちゃんのような状態で家に帰って
ちゃんと生活していけるの?


体調は、ちゃんと元の状態に戻るの?



このようなことを病院にぶつけても
きっと「大丈夫」と言われるでしょう。


本人にしてみたら「まじか」と思いますよ(笑)


だけどそれは決して病院が悪いわけではなくて
「役割の違い」なんだと思うんです。


病院では、とにかく悪い状態をなくすために治療を行う。
(私でいえばチョコレート嚢腫の手術)
痛みがあれば痛み止め
(術後の痛み、ロキソニンにどれだけ助けられたことか・・・)


はい、手術後の合併症も問題なさそうなので退院です~
となり


いざ外に出る


え?無理でしょ?これ?



ちょっと歩いただけで疲れるし
クラクラするし
電車で酔いそうになるし



でも問題ないって?



・・・まじで不安です。



今もまだ、体調が不安定になったらどうしようという
不安は付きまとっています。



そこで思ったんです。
こういったときの体調の不安には、芍薬堂のような場所が
やっぱり必要なんだな、と。


芍薬堂は心と身体のサポートに漢方薬で一役買えるし
抱えている不安によって、様々な専門家に頼るっていうのも
とても大切だなと。


こういうことを経験したからこそ
芍薬堂の「立ち位置」がより明確になった気がします。



余談ですが
チョコレート嚢胞を含む子宮内膜症は
癌化する確率が0.7%と高いので
決して甘く見ないほうが良さそうです(自戒を込めて)

診断されたことのある方は
定期的に診てもらうことをお勧めします。


それではまた!


page top
3/27(火)は臨時休業します
こんにちは、芍薬堂です。
たびたびお休みのお知らせです。


3/27(火)は臨時休業させていただきます。

また、4/4(水)~18(水)まで2週間ほどお休みをいただきます。
お薬がなくなりそうな方はお早めにご依頼ください!



そして、休み明けの4/19(木)から月末までは
新規の漢方相談をいったんお休みします。
(これまでにお越しいただいている方は大丈夫です)
5月に入ったら再開する予定です。




一部のお客さまには伝えたのですが
4/4(水)から18(水)までなぜ休むのかと言うと
遊びではなく
入院して手術します。

実は5年前にチョコレート嚢腫が見つかりまして
その時点ですぐに手術だといわれました。(8cm)

ところが、そこの病院では開腹手術しかできず、1か月は仕事を休まなくてはいけない
といわれました。
当時の私はそんなことでお休みをもらうなんて到底無理で
結果的にそのままになっていました。



それから、おかげさまで月経痛なども大したことなく
普通に暮らしていたのですが

なんだかある日、急に、
手術して(病変部位を)取りたい!!
と思ったんですね。

いつもの、直感で即行動するってやつです。


そういうときに、たまたまとある病院をお客さまから教えてもらい
問い合わせたところ、なんと腹腔鏡で手術ができるというので、
もろもろ検査の上、決めました。
2月に初診で4月に手術です。早。



このブログを見ている方は
「芍薬堂はそういった方の相談に乗って漢方を出してるじゃないか?」
と思ったのではないでしょうか。

おっしゃる通りです。


チョコレート嚢腫は、大きさによって対応も違うようで
小さければ(3㎝程度)経過観察で、定期的な検査を受けていく
という対応のようで、こういったときの漢方薬は有効なのかな
と思いますし、例えば月経痛がつらいなんて言うときには
漢方も良いのかなと思います。
私が月経痛が軽かったのも、もしかしたら漢方のおかげかもしれません。


私と同じくらいの大きさ(8cm)の方が、手術を選ばず
経過観察で定期検査という対応をしていく
なんていうのもあるでしょう。

それもすべては自分の選択で良いのだと思います。


ただ、私は手術をしたいと思ったということです。
何かがあったわけではなく、ただ単純にそう思ったのです。
(自分で書いていて、変なの~と思います(笑))



しかも現在は、ディナゲストという、よく効くお薬があります。
私も手術をやりやすくするために飲んでいますが
1か月で最大で2cm小さくなりました。
(たぶん今はもっと小さくなっているはず)

こんなに長期に西洋薬を飲むのは初めてだな~
と思いながら、日々自分の体調を観察しておりますが
言われている副作用もほとんど出ず、快適に過ごしています。


術後はいろいろあるでしょうから
ちょっといろいろ漢方を使ってみようと思います。
自分で実験。


というわけで
2週間お休みをいただくということ
そして
それはこんな理由からだよと
ご理解いただけたら幸いです。


どうぞよろしくお願いいたします!




© 芍薬堂ブログ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG